学校たんけん隊ぶろぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「地域の嫁」の話

<<   作成日時 : 2013/06/14 21:43   >>

トラックバック 0 / コメント 3

去年から、地域の役員に当たっている。


いや…、強引に断れば
それで済んだのかもしれないのだが、



頭下げられて
涙声で訴えられたら


「あと1人なんです…決まらないの…」


と言われたら、


そこまで
邪険にはできんかった…。



相手の策略にはまった気もするのだが、


まあ、

人に頭下げてお願いするってのも


それも自分よりも
うんと年下の人間に


いろいろ思うこともあったろうに

まっご苦労さん!


ということで
引き受けてしまった自分は


たぶんAHOなんだろうな…(T_T)



で、1年任期だと思って黙っていたら、
そのまま今年も継続ってことになっていた。



総会資料見て初めて知った…。



そのことを指摘したら、

「何もおっしゃらなかったので、
そのまま継続して頂けると思いましたので(*^_^*)」

としゃ〜しゃ〜と言われた…。



んなAHOな…。





よくPTAなんかでも、

役員を引き受けると


「あの人、好きでやってる」とか
陰口言われることがあるんだけど、



でも、ある側面から言えば

それは間違ってないのかもしれない、
自分の場合は。


「好き」というのは
語弊があるとしても、


「嫌いじゃない」

う〜ん、しっくりこないなぁ、


「苦痛じゃない」

たぶん、そんな感じ。



人と何かをしたり
人と何かをしゃべったりが
たぶん「苦痛じゃない」んだと思う。



もちろん、

おひとりさまの行動のほうが
好きだけど、



何が何でも避けたい!と
拒否るほど

イヤでもないんだろうなと


この年齢になってきて
そう思うようになった。



オヤジの血かな。

やだね〜、

絶対に似たくないと
思ってたのに。







ご近所の友だちも
今年もまたPTAの役員をやっている。


専門委員と本部役員を1回ずつやらされて


そして今年は
2順目だったのだという…。



なんかご愁傷様って感じですけど^_^;


「わかってるんだけどさ、

もうさ〜、「自分はできません!」って
こっちでもあっちでも
ぎゃあぎゃあ叫ばれるのを見ると、

「もういいよ…私で…」と思っちゃった自分は

たぶんAHOでお人よしなんだろうな…orz」と。


なんかエエ人やなぁ。



結局、地域にしろPTAにしろ

誰もなり手がいないってときは、


大人しくって
たぶん断れないだろう人に
押しつけるか


修羅場にいたたまれなくなった人が
仕方なく引き受けるか


そういうの多いんじゃなかろうか。



そして、その後には


押しつけたことは悪いとは思わなくて

「断らんかったほうが悪い」



仕方なく引き受けたボラ精神に

「ど〜せ好きでやってるんでしょ」


ぐらいなネタを提供することに
なるんだろうな。





せっかくつきぐまJrが
高校を卒業して、

PTAという組織から
解放されたと思ったのだが、



地域が残っていたか…。


まあ、
「つながり」か「しがらみ」か

わからないけれど

それを与えてもらう機会があったのだと
感謝しておくことにしよう…。



「地域の嫁」でも


無理しなくていい

できる範囲ででいい


などという心地よい言葉は語られるが、

そんなの全部社交辞令。



会合の日に
「その日はちょっと用があるので〜」

といったら
アリエナイくらい

けちょんけちょんに文句言われたし。


なんでそうなるかな…。




そんなこんなで
今年もまた役員だが、




私のミッションは


この団体と
幼稚園小学校中学校のPTAとの関わりを
どう変えていくか…。


あたりに設定したい。



ホントに困っている。


PTAの活動だけでも忙しいのに

地域!福祉!と声高に叫ばれて
忙しい世代の保護者が駆り出されることに。


地域コミュニティーが
どうあれば
人々の幸福につながるのか的な枠組みを

もっと議論して
決めていかなければならないのに、



結局やっていることと言ったら、


みんなでバスで日帰り旅行

だったり



みんなで「お楽しみ会」(←お土産付き)

だったり





でも、その「みんな」ってのが

地域の高齢者の
一部の顔見知りグループonly。




いや、その人たちだけで
プランニングからワーキングまで
全部を担ってるのなら、


100歩譲って「それもアリ」と思うけれど、



結局、なんだかんだと
PTAの手を使おうとするところが、

「それもアリ」と私は思えない。






「他にもう誰も引き受けてもらえなくて」

という言葉を信じるとすれば
(信じてないけど…)


それ、
よっぽど活動に賛同者がいない

と置き換えてもいいんじゃないか。




PTAが「地域の嫁」として
こき使われることはないと思う。

学校の管理職も然り。


平時はこんなところで
高齢者の相手じゃなくて
「子どもの教育」に専念してもらいたい。



だいたい「地域のつながり」「地域のつながり」
って言われるけれど、



そもそも、
その「地域のつながり」って何なのか?


何をもって「つながり」と言うのか、


具体的に説明してほしい。



誰かの犠牲の上に
成り立たせないといけないものなんて
存続できないよ。



なんて、言いだせるわけがないけれど、


それでもなんとか
ソフトランディングできるところを
探してみたい。



外からいくら批判しても
変えられないから。

やっぱり、一旦中に入らないと
何も変えられないから。


と思ったけど、
結局、何かを変えるってことは
時間がかかるわ。





つきぐまJrには、

「お母さんはさ、

PTAとかでも
すぐに「これおかしくない?」って言うけど、


どこもさ〜、

それをやる必然性や事情があったのだ
と思うよ。


いきなり「おかしくない?」って言わないで、

1年とか2年とか
ちゃんと様子みないとダメだよ」


と散々注意されているので


この時点まで
1度も反対意見を述べたことはない。


もちろん、「?」と思うことは多々多々あるけれど。


これって結構頑張ってる?






ど〜も先に批判が立つのは

自分が20世紀の人間だからか。


確かにそのやり方だと
人とぶつかりやすくて
エネルギーを消耗しやすい。



21世紀の若い人は、


今ある環境や状況を
無理やり変えるんじゃなくて

それを丸ごと受け止めて

その中で何ができるのか

そういう柔軟な発想があるような気がする。


やっぱり、省エネモードなんだろうな
すべてが…。


さすが、「さとり世代」。



その姿勢見習わせていただきます。








テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちわ。
今年からPTAの副会長(男)になり、結構
真剣にPTAのことを考えるようになりました。(^^)

5月のNHKあさイチみたいなこともあり、
ネット検索すると、PTAのネガティブな
話題ばっかり。

つきぐまさんのHPを見つけてホッとしました。
「PTA 人権侵害」で検索かけたのですが、
とても人権感覚のある内容だと思いました。

「地域の嫁」の話も笑い話じゃないですね。
言葉は知らなくても、そんな感覚の人でいっぱい。

PTAも地域も課題山積ですね。
活動のスリム化が最重要課題だと思いますが、
必要な「ムダ」と本当の「ムダ」が混在しており、
そこのコンセンサスを得ることが難しいと感じて
ます。

本当は「民主主義」と「人権」に対する理解の
問題が前提にあるような気がしますが、そこは
さらに大きな話なので・・・

本気でなんとかしたいと思えば長期戦になりますね。
しかし役不足、力不足、器じゃないと毎日思っています。
コミュニケーションが苦手、飲み会苦手、夜更かし苦手。
これが自分の中の最大のハードルかな。
あ、早起き得意です(^^;)
副会長
2013/07/01 03:43
お疲れ様です。
PTA関係は義務教育では終わったかな。
(下の子中学生で昨年度やりました、今年度は断った〜)
地域との、なんとか〜とかもありますね。(地域の嫁)
学校だけでも「スリム化しようよ」と思うのに
地域とも関われって・・・疲れます。
とりあえずやりましたけど。
その中で、より良くしていこうなどは
そこまでのエネルギーがなく、なるべく前例通りで・・・
となってしまいます。

特に、高齢者の方々どうして子どもたちに関わりたがるの?
登下校時のパトロールはとてもとてもありがたいのですが。
イベントをするならご自分たちで!と何度も思いました。
(無理なのはわかりますが)

あと、PTAの役員を「好きでやってるでしょ」って
思われるのも嫌だな〜
文句を言うのも一度やってからにしようよ〜って思う。
愚痴りました。

今年度は一般のPTA会員です。
気軽に自分の出来る範囲で協力しています。
上の子の頃からだから十数年PTAに関わって
PTA活動あってもいいと思える私になれました・・・
でも、もう少し負担が少なくなればいいのに〜
と思いつつ何もできなかった小さい自分です。
みゆや
2013/07/02 16:42
学校のPTAはとっくに卒業しましたが、趣味のサークルで役員やってます
今年は大きな問題にぶつかり、役員は散々叩かれ、辞めろとまで言われました
こっちだって好きでやってるんじゃないから辞める方が楽だけど、辞めろと言う人(年寄り)に限って役員なんか引き受けませんからね
文句があるなら自分達でやれって感じです
頑張って改革しましょう!
まめぴー
2013/07/03 11:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
「地域の嫁」の話 学校たんけん隊ぶろぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる