学校たんけん隊ぶろぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS 静かな朝

<<   作成日時 : 2013/07/23 22:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

街に、
また静かな時間が戻ってきた。



昨日の朝くらいまでは、

駅にも
いろんな人がまだ立っていて
騒々しい感じは否めなかったが、



さすがに今日になれば
そういう光景もなくなって


また、
いつもの風景が戻ってきた。


平時の日常生活が始まる。




このあたりは国政以外にも
地方の選挙があった。



最初の[参]の公示のあとは、


やはり県内を隈なく回るためか、


ごくごくたま〜に、
マイクを取り付けた車が
まわってくる程度だった。



が、地方政治のもろもろを
選ぶほうの選挙は


地域が狭いから、


そりゃ〜もう
何度も何度も同じ車が回ってくる。。。



ネットでの運動が
解禁されたからといって

あの騒々しい車が
減るわけではない

ということは
よくわかった気がする。



おまけに
やはり選挙は


face to face


を重視するのか



公示日の前だから
別にいいのだけれど、


ご近所の人が

候補者を連れてきて
ご挨拶だとか…も


まだまだある。



帰宅後の
夕飯の準備でクソ忙しいときに


ぐだらぐだらと玄関先で
演説されたのには
閉口したなぁ〜。



ご近所だとわかったら
ドアを開けないわけに
いかないもん。



こういう場合はぜひ、


facebook to facebook



でお願いしたい。



おかげで
野菜炒めがくったくたに
なっちゃったじゃんか(怒)




今回は、「お初」が3つ。



1つ目。


つきぐまJrが
初めて参政権を行使。


生まれて初めての選挙は
ショボい選挙じゃなくて
国政選挙でよかったね



投票所の入口で
オタオタしたら迷惑だから、


今回は
つきぐまパパのアテンド付き。



初めてのご感想は、


「投票用紙って

紙がすべすべで、滑りがよくて

すんごく書きやすい紙なんだね」


と感動していた。




子どものころは
私については来ていたけれど、

投票用紙には
触らせてもらえなかったもんね。




2つ目。


私は真昼間の暑い時間に
1人でとぼとぼ行ったら、


生まれて初めて
「出口調査」に遭遇した。



いろいろ聞かれるのか〜
と思ったら、



・性別

・年齢(何歳代)

・誰に投票したか

・支持政党


の以上4点。



バイトの若いお姉ちゃんが
汗だくになりながらやっていた。



投票所は
建物の中だけど、

「出口調査」というのは

本当に「出口」の外だから、


基本、お外での作業。


バイトの募集をしていたが、
あの環境下での作業なら
それほど割のいい仕事ではないかも。


(つきぐまJrは、

前回(12月)は、応募したけれど
「車がない」ということで
断られたと言っていた。

どうやら、

自前の通信手段(ケータイ、スマホなど)と
自前の車が必要らしい。)





3つ目。


つきぐまパパの友人?知人?が
出馬した。



残念ながら
及ばなかったようだが。



いや〜、
何か「日本をこうしたい」という
熱い思いがあるのだろうけれど、

選挙に出るって
やっぱ博打やな〜と思う。



むか〜し、むかし

自分が子どものころだが、


親族の1人が
「選挙に出る」とか言い出して、

家族に伯父叔母従兄弟含めて
全員で

「悪いこと言わんから、やめれ」と


押しとどめていたのを
覚えている。


伯母の1人は
「お願いだから、今の職を全うしてくれ」
って涙流してたもんなぁ。



(↑ちなみに、この親戚。

定年はとっくに越えているけれど

悠々自適に老後を…という生活ではなく
今でも仕事を続けている。

平凡な人生かもしれないけれど、
それはそれで立派だと思う。)




選挙に立候補するというのは、

1人がぱっと思い付きで
出られるようなものじゃなく、


家族や親族の合意
みたいなものも
大事なのかもしれない。



まあ、ここのセンセイも

最初は1人で
駅なりショッピングモールの入口なりで
演説をして、

ビラ作って配って

結構地道にやっていた。

(まっ、今でも。)



つきぐまJrちゃんになんか、

「あの人、だ〜れも聞いてないのに
ガンバッてしゃべってるね〜」

なんて言われてたぐらい



それが、今じゃ立派に
TVにも出て発言している。



地道にやっていれば
いつか報われるかも


と仮定法で書いておく。




ただ、夏の暑い時期の選挙は大変だ。


あの「焦げパンマン」を見て
そう思った。




もっとも、

現政権に不満があれば
あっさり軍が出動して

いわゆる「クーデター」が起こったり、


現政権と反政府勢力とが
ひたすら戦争したり…


などという国に比べたら



「選挙」という制度が成り立っている
という点では

うんとマシだけれど。










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
静かな朝 学校たんけん隊ぶろぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる